新規会員登録はこちら

商品カテゴリ

QRコード

お米の保存方法

お米を美味しく食べるために

基本的に高温多湿はお米の劣化を早めます。家庭内でお米の味を落とさず保存するには比較的涼しく(15度以下)日光の当たらない風通しがよく湿度の低い場所が適しています。
実際すべての条件を満たす場所はなかなかないとは思いますが、なるべくこの条件を満たし美味しいお米をより美味しくいただきましょう!

米びつ保存

多くの一般家庭では米びつを使ってお米を保存していると思います。
その場合定期的に米びつの掃除をしましょう。
隅にヌカやゴミが溜まっていると虫の発生原因となってしまいます。
掃除ということを考えるとボタン計量式の米びつより、大きなタッパのような米びつが便利だと思われます。
タッパ式のものを米びつにした場合も容器は定期的に拭いて乾燥させ使用してください。

ペットボトル保存

田村農場では、新鮮なお米を新鮮なままお届けし、美味しく食べて頂く為に、一部の商品をペットボトルに入れてお届けしております。
開封前は、風通しの良い涼しい場所に保管をして頂き、開封後は冷蔵庫にペットボトルのままお入れ下さい。
初めてペットボトルのお米をご購入された方には、専用漏斗をプレゼントしておりますので、詰め替えも簡単にできます。
ペッロボトルのお米は、下記の2種類がございます。是非一度ご賞味ください。
1.最高級品特別栽培米 特粒あきたこまち
2.特別栽培米 美白こまち

最も適した場所

風通しという条件を除けば冷蔵庫が家庭内で最も適した場所です。
しかし実際のところ冷蔵庫にお米を入れるスペースがあるでしょうか?
スペースがあるという方は迷わず冷蔵庫保存をお勧めしますが普通に生活していれば他の食材でいっぱいのはずです。
なので先ほど条件の項で記載した場所に米びつを設置していただき米びつの大きさ分を定期的に購入していただくというのが一番だと思います。
ベストは冷蔵庫ですが一定期間で消費できる量であれば米びつ保存で十分美味しくいただけると思います。
わが家も一定量を精米しては米びつで保存して食べています。

お米の賞味期限

お米の賞味期限(精米後)
保存条件などにより異なりますが目安は以下の通りです。
新米収穫後
9月〜3月頃 /約2ヶ月
4月〜5月頃 /約1ヶ月
6月〜7月頃 /約25日
8月〜9月初旬/約15日

このページの先頭へ

秋田県大潟村産のあきたこまちを生産・販売 Copyright© Tamura Noujou All Rights Reserved.

お電話でのお問い合わせは0120-442-336